歳時・・・四季折々の年中行事などをまとめてみました



旧暦の5月は梅雨。「皐月晴れ」は梅雨の晴れ間のことでした。
早苗を植える「早苗月(さなえづき)」の呼び名が略されたといわれます。
  • 八十八夜(5月2日) 
  • 憲法記念日(5月3日)
  • みどりの日(5月4日)
  • こどもの日・端午
    (5月5日)
  • 母の日
    (5月第2日曜日)
  • 葵祭(5月15日)
  • 神田祭
    (隔年・5月中旬)
  • 浅草三社祭
    (5月中旬)
八十八夜 (5月2日)

立春から数えて88日目が八十八夜です。「八十八夜の別れ霜」といわれるように、日本の大半の地域ではこの日から後に霜が降りることはめったになく、農家が霜の被害から開放される目安とされてきた日です。霜は夜の間に降りるので、「八十八日」ではなく「八十八夜」の名が付いたといわれています。
八十八夜は初夏の到来を告げる季節の変わり目で、種まきなど農作業の目安とされました。「米」の字を分解すると「八十八」になることから、八十八夜は稲作に従事する人々にとって特に重要な日とされてきました。
古くから八十八夜に摘んだお茶の葉は極上とされ、また、八十八と末広がりで縁起の良いこの日にお茶を飲むと、寿命が延びるといわれてきました。

 憲法記念日(5月3日)

1947年(昭和22年)5月3日、「日本国憲法」が施行されました。憲法記念日は「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」国民の祝日です。 日本の基本法であり最高法規である日本国憲法は、第二次世界大戦後の1946年(昭和21年)11月3日に公布され、半年の準備期間を経て翌年5月3日から施行されました。「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」を三つの柱にし、前文と11の章で構成され、103の条文が定められています。第9条では戦争の放棄を義務付け、世界に類のない平和憲法といわれています。

みどりの日 (5月4日)

みどりの日は「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」国民の祝日です。 みどりの日は、1989年(昭和64年)から2006年(平成18年)までは4月29日でした。4月29日は生物学者であり自然をこよなく愛された昭和天皇の誕生日で、1989年1月7日に昭和天皇が崩御されたことを受け、4月29日を新たに国民の祝日とするために設けられた祝日でした。 2005年(平成17年)5月に国民の祝日に関する法律の一部改正が可決され、2007年(平成19年)から4月29日は昭和の日となり、みどりの日は5月4日になりました。

こどもの日・端午 (5月5日)

こどもの日は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」国民の祝日です。
こどもの日は、1948年(昭和23年)7月施行の祝日法によって制定されました。戦後の新しい時代の祝日制定のため、国民アンケートが行われ、女児の節句である上巳(3月3日)と、男児の節句である端午(5月5日)の両日を祝日に、という意見がありましたが、男女関係なく5月5日を「こどもの日」としたそうです。
祝日法に「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」と定められているように、こどもたちを産み育ててくれた母親に感謝を捧げ、未来を担うこどもたちの健やかな成長を願う気持ちが込められています。

・鯉幟(こいのぼり)
「ここを登る魚は竜になる」という黄河の竜門の急流を、鯉だけが登り切ったことから「鯉の滝登り」といわれ、鯉は立身出世のシンボルになりました。
・武者人形
魔除けに作られた菖蒲の飾りや蓬の人形が、甲胄(かっちゅう)や武者人形となりました。
・柏餅(かしわもち)
若葉が育つまで古葉が落ちない柏にあやかって、子孫の繁栄と子供の成長の願いがこめられています。

・粽(ちまき)
楚の有能な武官でありながら追放され、河に投身自殺した屈原(くつげん)の死を悼んだ人々が、葉に米を包んで(竜に食べられないよう)水中にお供えしたという故事が起源になっています。
【当店の蓮の葉ちまきもオススメです】
蓮の葉で包んだ、大きく食べ応えのある中華ちまきです。蓮の香りともち米の弾力、濃厚な具が大きな満足感をもたらします。


2017 母の日 (5月14日)

母の日の始まりは、1908年アメリカはウェストバージニア州のひとりの女性教師が、母親の自分への深い愛情をたたえる催しを開いたのがきっかけでした。その後この話が反響を呼び、このことに共感したシアトル市民は1914年のウィルソン大統領をも動かして議会で正式制定より国民の祝日となりました。 それでは何故母の日はカーネーションなんでしょうか? 亡くなったお母さんといつでも一緒に居たいと何処へいくにもお母さんの代りとして胸にカーネーションを着けていたので母の日 =カーネーションと言う事が次第に定着したようです。日本へは大正時代に伝わり、キリスト教会の働きかけなどにより定着しました。



葵祭 (5月15日)

葵祭(あおいまつり)は、京都の上賀茂神社・下鴨神社の例祭で、毎年5月15日に行われます。春日祭、石清水祭とともに三大勅祭(ちょくさい:天皇の命令によって営まれる祭)に数えられ、京都三大祭(葵祭・祇園祭・時代祭)の中でも最も歴史が古く、平安時代には「祭」といえば葵祭を指すほど隆盛を極めました。
葵祭は、欽明天皇の時代・西暦567年、風水害による不作に対し朝廷が豊穣を祈願したのが始まりとされます。風水害は賀茂の神々の祟(たた)りであるとの占いから、皇子を勅使に立て、馬に鈴を付けて走らせ、賀茂神をあつく祭ると風雨がおさまり五穀は豊かに実り、国は安泰になったと伝えられています。嵯峨天皇の時代に皇女を祭りに奉仕させて以来、斎王が祭りの主宰となり、国家的な祭りとなりました。

神田祭 (隔年・5月中旬)

神田祭は、東京の神田明神(神田神社)の祭礼で、日枝神社の山王祭(さんのうまつり)と交互に隔年で本祭・陰祭を行います。本祭は、丑、卯、巳、未、酉、亥の年になります。山王祭とともに、祭礼の行列が江戸城内に入ることを許され将軍上覧を得る「天下祭り」でした。日本三大祭り(京都の祇園祭、大阪の天神祭、神田祭または山王祭)にも数えられます。

浅草三社祭 (5月中旬)

三社祭は、東京の浅草神社の例大祭です。毎年5月中旬の金・土・日に行われ、東京に夏の訪れを告げます。 浅草神社は舒明天皇11年(639年)の創建で、628年(推古天皇の36年)の浅草寺創設に関わった檜前浜成・竹成(ひのくまのはまなり・たけなり)兄弟、土師真仲知(はじのまつちのなかとも)の三人が祭られていることから「三社神社」「三社様」と呼ばれました。祭礼にも「三社祭」の名が付きました。
三社祭では、大行列や神輿(みこし)の宮出し・宮入などが行われます。神様が三人なので神輿も三基あり、三手に分かれて祭列が浅草四十四町を練り歩きます。 江戸一の荒祭りといわれるように担ぎ手の熱気と興奮にあふれる祭りで、毎年多くの人でにぎわいます。






5月のいろいろ
旧暦の名称 皐月(さつき)
早苗月(さなえづき)
橘月(たちばなづき)
旬の味わい 【魚】 イサキ、キス、トビウオ、マイカ、初鰹(カツオ)
【野菜・果物】アスパラ、サヤエンドウ、新ジャガ、ソラマメ、イチゴ、ビワ、新茶
【お菓子】柏餅(端午の節句)、アイスクリーム(5月9日はアイスクリームの日)
5月の誕生石 ・石言葉 エメラルド ・・・夫婦愛、幸福、誠実
5月の誕生花・花言葉 スズラン・・・幸福が訪れる・幸福の再来・純愛・繊細
カーネーション・・・赤:母への愛・信愛・熱烈な愛