歳時・・・四季折々の年中行事などをまとめてみました



日の暮れが早くなり、秋が深まる頃。 夜が長い「夜長月(よながつき)」や、秋雨が降る「長雨月(ながめつき)」が略されたといわれます。
  • 防災の日
    (9月1日)
  • 重陽の節句
    (9月9日)
  • 敬老の日
    (9月第3月曜日)
  • 秋分の日・お彼岸
    (9月22日)

防災の日(9月1日)

1923年9月1日午前11時58分に発生した関東大震災の死者行方不明者14万人以上とされる惨事を教訓として、防災の意識を高めるために政府が1960年に制定し、毎年全国で防災訓練が行われます。
日々の防災はこういった訓練に参加することで被害から逃れられます。各地域の情報をチェックしておきましょう。

重陽の節句(9月9日)

「重陽」とは9月9日にあたり、菊に長寿を祈る日です。陽(奇数)が重なる日そして、奇数の中でも一番大きな数字という意味で重陽といわれています。日本では奈良時代から宮中や寺院で菊を観賞する宴が行われています。
中国では菊に邪気を祓い病気を治す力があると信じられ、 菊酒を飲む風習がありました。重陽の節句に登場する「菊酒」は、菊の花・葉・穀物(黍と米など)で作られる薬霊酒です。 菊には疲労回復や食欲増進効果があるとされ、中国後漢末の書物には、「菊の滋液」を飲んでいる地域の人は皆長寿であると書かれています。 それが日本に伝わり、寿命が増すようにと菊酒を祝いに用いるようになりました。

敬老の日:9月18日(9月第3月曜日)

敬老の日は、
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、 長寿を祝う」
国民の祝日です。
はじめは1951年(昭和26年)に9月15日が「としよりの日」として制定されましたが、名称がよくないと不評で、1963年、老人福祉法の制定に伴い「老人の日」と改められました。
1967年には祝日法の改正により、国民の祝日「敬老の日」と改められました。
敬老の日は2003年(平成15年)から9月の第3月曜日となりました。

●長寿のお祝い
60歳 還暦(かんれき)・・・ 60年で干支がひと回りし生まれた年の暦に戻ることから
70歳 古希(こき)・・・ 杜甫(とほ)の詩の「人生七十古来稀(こらいまれなり)」から
77歳 喜寿(きじゅ)・・・ 「喜」の草書体は「七」が3つで「七十七」に見えることから
80歳 傘寿(さんじゅ)・・・ 「傘」の略字が「八十」と読めることから
88歳 米寿(べいじゅ)・・・ 「米」の字を分解すると「八十八」になることから
90歳 卒寿(そつじゅ)・・・ 「卒」の略字が「九十」と読めることから
99歳 白寿(はくじゅ) ・・・「百」から「一」をとると「白」になることから

秋分の日・お彼岸(9月22日)

「春分の日」「秋分の日」には、昼と夜の長さがほぼ等しくなります。
祝日法では、春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日とされ、秋分の日は「祖先をうやまい、亡くなった人々をしのぶ」日とされています。
「春分の日」と「秋分の日」を中心とした、それぞれ前後3日間の計7日間が「彼岸」です。春分の日・秋分の日を「彼岸の中日」といい、彼岸の初日を「彼岸の入り」、最終日を「彼岸の明け」といいます。
現世と来世の境を川にたとえ、煩悩の多い現世を川のこちらの岸「此岸(しがん)」、悟りの境地である来世を川の向こう岸「彼岸」と呼びます。 仏教では、西の彼方に極楽浄土があるとされています。春分・秋分には太陽が真西に沈むので、極楽浄土の場所がよくわかり阿弥陀仏を礼拝するのにふさわしい、また昼夜の時間が等しくなるので「中道」の教えにかなう、などと考えられてきました。

一般の家庭でもお仏壇を清め、お供えをして、ご先祖様のお墓参りに行きます。お彼岸は、他国には見られない日本独自の仏教行事ですが、農業文化に根ざした太陽信仰とも密接に結びついていたのでしょう。だからこそ、広く民衆に定着したとも言えます。
「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、お彼岸はちょうど季節の変わり目。この時期に、太陽とご先祖様に収穫を感謝し、豊作を祈るという意味合いもお彼岸にはありました。
【 秋彼岸 】 
9月19日:彼岸入り
9月22日:彼岸の中日(=秋分の日。祝日)
9月25日:彼岸明け

お彼岸にも月餅はかかせません。

日本では「おはぎ」が主流ですが、なかなか用意に手間がかかったりで、月餅菓子などをお供えする方も増えました。






9月のいろいろ
旧暦の名称 長月(ながつき)
紅葉月(もみじづき)
菊月(きくづき)
旬の味わい 【魚】 サンマ・サケ・サバ・カレイ・カマス 【野菜・果物】秋ナス・サツマイモ・サトイモ・イチジク・ブドウ・栗 【お菓子】お月見団子・おはぎ
9月の誕生石 ・石言葉 サファイヤ・・・慈愛、誠実
9月の誕生花・花言葉 クジャクソウ・・・一目惚れ ご機嫌 可憐
リンドウ・・・淋しい愛情 的確 正義感 誠実 貞淑